新津きよみさんの「特別捜査官七倉愛子 逃げ切り」を読了。

七倉愛子シリーズの2作目。

指名手配犯の膨大な情報を頭に叩き込み、雑踏の中で彼らの顔を見極める
見当たり捜査官たち。愛子を含むチームが活躍する。

そんな彼らが「敗北」したと思うのは、
指名手配犯に逃げ切られたとき。

物語の焦点が「逃げ切り犯」からズレた感じがする。

他には、特に感想ナシ。

nigekiri.jpg


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply